「オリンピック賛成派・反対派の双方が見落としている一番大事なこと」【メルマガVol.258】

公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と双方向の意見交換ができるオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!
(メルマガのバックナンバーも随時掲載しております)

プレジデント広告.jpg▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

★note購読はこちらから!
noteでは今号のみの単号購読も可能です!

<今号のメルマガ本論抜粋>
■大批判の中でオリンピックをやり切った皆さん、お疲れ様でした

 開会前からあれだけ物議を醸した東京オリンピック2020が閉会した。直前まで「開催反対」の声が上がるほどの大批判にさらされながら、現場では見えないウイルス相手に対策を講じなければならない。そんな中で世界規模のイベントを実行するのは、ほんと大変なことだったと思う。
 批判すること、問題点を指摘するだけのことはどれだけ簡単か。
 そのような批判や問題点に対策を講じながら実行することが、どれだけ知恵と忍耐力とエネルギーのいる作業か。
 選手はもちろん大会運営に当たった実務者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
 これは政治をやってきた僕の経験から身に染みて分かること。
 問題点は外野からいくらでも指摘できる。そして実行する側はそんな問題点は十分把握している。重要なことは、その問題点をどう乗り越えるかの案。
 政治を批判する者の多くは、その案を示さずに批判だけする。
 今回のオリンピック批判もそれと同じで、典型的な「案なき批判」が多かった。


■インテリのステレオタイプよりも信頼できる国民大多数の声
 そして世間に向けて発信しているそれなりの人たち、いわゆるインテリの中の賛成派・反対派の人たちのオリンピックに対する態度もおかしかった。
 感染リスクを懸念してのオリンピック反対派は、オリンピックが始まっても素直にオリンピックを応援できない。それまで反対していたから、ということで躊躇しているようだ。
 他方、賛成派は、「オリンピックと感染リスクは関係ない。日本の感染状況など世界からみたら大したことない」と言い続ける。オリンピックが始まり、テレビのオリンピック番組の視聴率が上がり、世論調査でもオリンピックをやってよかったという国民の声が多数を占めると、「ほらみたことか! 反対派・中止派はおかしかったのだ!」と勝利宣言をする。
 特に、オリンピック関係者約4.8万人のうち、陽性者は404人。しかもそのうちの267人(いずれも87日現在)は日本在住の委託業務従事者だったとのこと。この点を捉えて、「やっぱりオリンピックと感染拡大は関係なかった!」と言い張る。
 これは、賛成派・反対派どちらも、「オリンピックと感染拡大リスクの関係性」という「論理」のところだけに注目しているからこのようになってしまうのだ。
 感染拡大を心配する側は徹底した反対派になる。
 リスクはないと考える側は徹底した賛成派になる。
 でも、やっぱりこのようないわゆるインテリたちのステレオタイプの態度振る舞いよりも、国民大多数がとった態度振る舞いの方が、大きな方向性として信頼できると感じたね。だから僕は、国民大多数の声で最後は決するという政治の仕組みを支持するんだ。

(全文はページ上部バナーよりメールマガジンにお申込みいただき、アーカイブにてお読みください。アーカイブは過去4号分ご覧いただけます)



<本論内容一覧>

■大批判の中、対策を講じオリンピック運営に当たった皆さん、お疲れさまでした

■「開催と感染リスク」だけにこだわる賛成派・反対派の態度もおかしい

■一見不合理な世論「五輪をやってよかった、でも不安」が最も合理的なわけ

■必要なのは、感染対策と人間活動の両立のため「バランスを取る」態度


■政権の考えを浸透させるため大きなエネルギーを使うべき

■菅政権の「自宅療養方針」は正しい! まずいのは決定プロセスだ

■なぜ緊急時に病床数が増えないか? 今が医療制度改革を進めるとき




<その他コーナー(秘書・編集部執筆のコーナーです)>
活動日記
 橋下徹のスケジュールを公開しています!
(内容はメルマガにて)

最近のTV衣装より
(内容はメルマガにて)

今週のピックアップ
「事務所の応接スペースリニューアル!」
(内容はメルマガにて)

■編集後記
(内容はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約6600あります!


2021年6月29日、「実行力」「交渉力」に続く、橋下徹の「力」シリーズ第三弾、
「決断力 誰もが納得する結論の導き方 (PHP新書) 」が発売されます!

Amazonでも予約受付中。是非、ご一読ください!

決断力.jpg

back next