【メルマガ】Vol.216配信「【提言! 日本をよくする政治評価システム(2)】いよいよ菅政権スタート! 悪質な学者に左右されない「2つのポイント」」

★公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と双方向の意見交換ができるオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!
(メルマガのバックナンバーも随時掲載しております)

プレジデント広告.jpg▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

note購読はこちらから!
noteでは今号のみの単号購読も可能です!


<今号のメルマガ本論>
【提言! 日本をよくする政治評価システム(2)】いよいよ菅政権スタート! 悪質な学者に左右されない「2つのポイント」


<今号の小見出し一覧>
文句を言うだけでは政治はよくならない
 いよいよ菅政権のスタートだ。
 日本の政治をよくするには、野党が強くなることと、メディアの質が上がることの2つが柱だ。野党が強くなることは野党に任せるしかない。
(本文はメルマガにて)

■全体としての60点及第点のラインを示すべき
 政治家といえども人間だ。そんなスーパーマンではない総理大臣が、たった一人の力で世の中のありとあらゆる課題を一気に解決できるなんてあり得ない。
 もちろん有権者が政治家に対して、高い望みを持つことは常であろう。
本文はメルマガにて


■個別課題ごとに100点満点ラインと60点ラインを示す
 全体としての評価基準と同時に、個別課題の解決についても、100点満点ラインと60点ラインを「事前に」示すべきだ。
 今、巷で行われている政治評論は、政治がやったことに関して「事後的に」文句を言うシステム。これだと政治は、どの課題にどれくらいの力を入れて取り組むべきなのかが皆目わからない。
本文はメルマガにて


■政治を数字で評価する際の2つのポイント
 メディアを通じて政治を評する者の多くがよくやるパターンに、どこかの1つの数字を持ってきて、「こんな悪い数字がある!」「あんな悪い数字がある!」と列挙するというものがある。
本文はメルマガにて

■非難することが自己目的化した「悪質な学者」
 政治を非難することが自己目的化した悪質な学者も多く存在する。「適切に」政治を評価するのではなく、とにかく嫌いな相手に悪口を言うために、悪い数字を拾い上げる輩だ。
本文はメルマガにて

■学者やメディアは脳みそに汗をかき、菅政権の評価基準をつくれ!
 令和の時代、菅政権が日本の政治をよくするように、国民は「あらかじめ」菅政権に対して、これまで論じてきたような評価基準を示すべきである。菅政権が参考にするような評価基準を。
本文はメルマガにて


<その他>
■今週の質問タイム
〔質問〕
 先日の豪雨で被害を受けた熊本県において、死者の氏名公表の可否を県と県政記者クラブが揉めていました。今回、県は、遺族の同意を得た場合のみ氏名を公表しています。しかし、熊本地震の際には全員の氏名を公表していたため、今回の取扱いについて記者クラブが詳しい説明を求めているようです。
 個人的には、遺族の同意を得た場合のみ公表するという県の取扱いが正常と思うのですが、橋下さんのお考えをお聞きしたいです。

〔橋下徹〕
(回答はメルマガにて)

■橋下徹・今週のツイート
(内容はメルマガにて)

■活動日記
(内容はメルマガにて)

最近行ったお気に入りレストラン
(お店の紹介はメルマガにて)

■今週のピックアップ
(内容はメルマガにて)

■編集部から
(内容はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約8000字あります!

back next