【メルマガ】Vol.196配信「【新型コロナ緊急事態】財政破綻か死者容認か......日本の政治家は「究極の選択」を引き受ける覚悟を示せ」

★公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と双方向の意見交換ができるオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!
(メルマガのバックナンバーも随時掲載しております)

プレジデント広告.jpg
▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

note購読はこちらから!
noteでは今号のみの単号購読も可能です!

<今号のメルマガ本論>
【新型コロナ緊急事態】財政破綻か死者容認か......日本の政治家は「究極の選択」を引き受ける覚悟を示せ

<今号の小見出し一覧>
■国が自由を奪う以上、共産主義的な保護策をとるのは当然だ
僕は、特定の事業に補助金をジャブジャブ投入したり、市場から退場を迫られている企業に無理やり税金を投入して延命させたりする政治は嫌いだ。
本文はメルマガにて)



■賢人○○さんへのメール:医療崩壊を避けることができるなら、社会経済活動を再開してもいいのか
○○さんの、医療崩壊を避けることが重要なのか、ウイルスを恐れること(制圧・封じ込める=社会的な自粛)が重要なのかという投げかけは、政治的には究極的な問いになります。
本文はメルマガにて)



<その他>
■今週の質問タイム

〔質問〕
働いている販売店がコロナによる自粛で休業していて、お給料を払えないと言われました。諦めないといけないのでしょうか。

〔橋下徹〕
(回答はメルマガにて)

■橋下徹・今週のツイート 
(内容はメルマガにて)

■活動日記
(内容はメルマガにて)

■緊急事態宣言下の生活
(内容はメルマガにて)

■今週のピックアップ
(内容はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約1万9000字あります!

<Message>
今起こっている諸問題を題材に、単なるニュースの解説やコメンテーターのコメント、インテリたちの批判だけの評論とは違う、問題解決のために必要な現実の問題解決のプロセスと、政治家や実務家が苦手な体系的な理論を深く掘り下げて、皆さんの思考能力を高める「問題解決の授業」を展開し、ビジネスや社会に少しでもお役に立ててもらえればという気持ちで全てを話すためにメールマガジンを始めました。

prev back next