【メルマガ】Vol.195配信

学者やコンサルでは伝えられない 橋下徹の「問題解決の授業」

Vol.1952020414日配信

★公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と直接やりとりできる、唯一のコミュニケーションオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、「激動の時代だからこそ」身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!

プレジデント広告.jpg▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

note購読はこちらから!
https://note.com/htmail

<今号のメルマガ本論>
【新型コロナ特措法問題】明日から飯を食えなくなる人に「自粛」を押し付ける緊急事態宣言の大きな欺瞞

<今号の内容>
■大混乱の原因はすべて特措法が「クソ法」だから
4月7日、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出された。人との接触を8割減らすことを目標に、出勤も7割減らすよう安倍晋三首相は国民にメッセージを発した。4月11日、12日の週末の人出はぐっと減った模様だが、週明けの13日は相変わらずの出勤風景。
(詳細はメルマガにて)

■中央官庁や都市部の役所は「出勤7割削減」ができるのか?
とにかく日本の政治行政は、自分たちが責任を負わないような仕組みを構築することにかけては天下一品だ。特措法が適用されても、出勤者の7割削減を実行するなんて完全に無理な状態。この法律にはそこまでの力がない。他方、特定の業種は自粛を名指しされ、明日の飯をどう食ったらいいのかという状況になっている。
(詳細はメルマガにて)

■収入のある者が「家にいるだけで人命が救える」と訴える欺瞞!
政府や各知事が、全国いたるところで外出自粛要請と営業自粛要請をバンバンかけまくっている。
(詳細はメルマガにて)

■政治家は道具を見せるだけではダメ、どんな作品を仕上げるかを見せろ!
安倍政権の政府や、与党国会議員は、今、政府が様々な支援策を用意していることを並べる。しかしその支援策は、先ほども述べたように給料がびた一文減らない役人たちが作っており、明日の飯に困る人たちの状況が分からないのか、机上の論に基づいて様々な条件が付せられている。
(詳細はメルマガにて)

■市場をストップし犠牲者を出すなら、共産主義的なサポートが必要だ
僕は基本的に自由と責任を重んじ、切磋琢磨、市場による淘汰を重んじる。
(詳細はメルマガにて)

<その他>

■今週の質問タイム
〔質問〕
私は日々の業務に全力で取り組む3年目の市役所職員です。そこで、橋下さんへアドバイスをもらい、今後の業務へ生かしたいと思い、以下質問させていただきます。(前号(1)の続き)
(2)市役所職員が休日に取り組むべきだと思うことを教えてください。
(詳細はメルマガにて)

■橋下徹・今週のツイート
(詳細はメルマガにて)

■活動日記
(詳細はメルマガにて)

■最近行ったお気に入りレストラン
(お休み)

■今週のピックアップ
(詳細はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約1万5500字あります!

<Message>
今起こっている諸問題を題材に、単なるニュースの解説やコメンテーターのコメント、インテリたちの批判だけの評論とは違う、問題解決のために必要な現実の問題解決のプロセスと、政治家や実務家が苦手な体系的な理論を深く掘り下げて、皆さんの思考能力を高める「問題解決の授業」を展開し、ビジネスや社会に少しでもお役に立ててもらえればという気持ちで全てを話すためにメールマガジンを始めました。

prev back next