【Go To 大混乱】まずは法改正! 国と地方は結束してコロナ対策に挑め【メルマガVol.226】

★公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と双方向の意見交換ができるオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!
(メルマガのバックナンバーも随時掲載しております)

プレジデント広告.jpg▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

★note購読はこちらから!
noteでは今号のみの単号購読も可能です!

<今号のメルマガタイトル>
【Go To 大混乱】まずは法改正! 国と地方は結束してコロナ対策に挑め

<今号のメルマガ本論抜粋>
■小池都知事の国への反発もよーくわかるが
 
北海道や大阪府は、国・政府と協力しながら一時停止を受け入れる考えだが、東京都の小池百合子知事は当初、「あくまでも国・政府が判断すること」と突っぱね、国への停止要請を行わなかった。
 この小池さんの態度について、「今は喧嘩をしている場合じゃない。都民のことを考えろ!」という批判の声も上がっている。
 政府としても、加藤勝信官房長官が「どちらに責任があるという議論は建設的ではない」とやんわり小池さんを批判している。
 確かに今は都民・国民のことを第一に考えなければならず、模範解答的な批判としてはその通りである。
 しかし、小池さんの気持ちも、僕は元知事としてよーくわかるね。

Go To 「東京除外」は菅さんと小池さんの政治的闘争が原因?
 Go To キャンペーンは、安倍晋三前政権のときに打ち出された政策で、特にGo To トラベルは、当時の官房長官であった菅義偉首相の肝いりの政策だった。
 菅さんはコロナ対応において、一貫して「日本の経済を壊してはならない」というスタンスだった。
 Go To トラベルが開始される722日が迫ってきた頃、東京の感染者数がどうも落ち着かない。このままGo To トラベルを実施してもいいのかどうか、専門家やメディアの中で賛否が割れていた。
 そのときに政府は、「東京をGo To トラベルから外す」という決定を下した。
 当時官房長官だった菅さんと、『日曜報道THE PRIME』(フジテレビ系)でこの件を議論したときに、僕は「小池さんにすべてを委ねた方がいいのでは?」「東京都内だけのGo To トラベルというやり方もあるのでは?」と尋ねた。
 しかし菅さんの答えは、「政府としてはそのような考えはない。都内だけのトラベルというものは都のお金でやればいい」という素っ気ないものだった。
 僕は「あー菅さんは、頑なだな」と感じた。司会の松山俊行さんも、番組スタッフも番組終了後「菅さんは柔軟に対応する気配は全くない感じですね」と感想を漏らしていた。
 政治家といえども所詮は感情のある人間。100%完璧な道徳的振る舞いを徹底できるわけじゃない。
 特に「政治的な争い」、まあいわゆる「喧嘩」においては、「勝ちにいく」のが政治家の本能だ。学者やコメンテーターは、「そんな自分たちのメンツなんてどうでもいいじゃないか!」「都民のことを考えろ!」と批判するけど、政治家に喧嘩に勝つ闘争本能というものがなければ、たいした政治などできやしない。
 この点、菅さんも小池さんも政治家としての闘争本能が強いことは、誰もが知っていることだね。 
 

 (続きはページ上部バナーよりメールマガジンにお申込みいただき、アーカイブにてお読みください。アーカイブは過去4号分ご覧いただけます)


<上記本論につづく内容一覧>

■小池さんが自民党との「大戦争」を制した2016年都知事選

■オリンピック経費問題、築地市場の豊洲移転問題でも激突

■アクセルとブレーキは地方に! 制度を見直して国と地方で連携を急げ

■吉村大阪府知事「国に対し腹は立つが、住民の命を守る責任は知事にある」

■まずは財源確保の要求だ! 知事たちよ、結束して国にモノ申せ

■国会はコロナ対策の法的根拠を整備せよ! 僕が考える特措法改正の6条件


<その他コーナー(秘書執筆のコーナーです)>
■今週の質問タイム
〔質問〕
 普段はリーダーシップを発揮している会社の経営者が、このコロナ禍では、もうどうしたらいいか分からないほど狼狽しています。課長クラスから角が立たないように提言する方法はありますか?

〔橋下徹〕
(回答はメルマガにて)

橋下徹・今週のツイート
(内容はメルマガにて)

活動日記
 橋下徹のスケジュールを公開しています!
(内容はメルマガにて)

最近行ったお気に入りレストラン
(お店の紹介はメルマガにて)

今週のピックアップ
「inochi万博フォーラムEXPO2025」
(内容はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約9400字あります!


『大阪都構想&万博の表とウラ全部話そう』(プレジデント社)大好評発売中!!
banpaku.jpg

prev back next