「識者の説教『政策の中身をしっかりと検討』はなぜ間違っているか」【メルマガVol.265】

公式メルマガ「『問題解決の授業』」/橋下徹と双方向の意見交換ができるオンラインサロン。今起きている諸問題を題材に、身に付けたい実践力や思考力を一緒に学びましょう!
(メルマガのバックナンバーも随時掲載しております)

プレジデント広告.jpg▲【公式メールマガジン&公式オンラインサロン 】へのご入会はこちらから!

★note購読はこちらから!
noteでは今号のみの単号購読も可能です!

<今号のメルマガ本論抜粋>
■普通の有権者が政治を選択する時のこれが極意

 原発政策やその他政策について各候補者は膨大な量の主張をしているが、有権者としてはその細かなところに入り込まず、このベクトルの色分けだけで判断してもさしたる問題はないと思う。
 さらに各政党についてもベクトルの色分けをやってみたい。今の政権与党である自民党・公明党の矢印を基準として、各野党はどのような矢印になるか。
 立憲民主党・共産党の矢印は、自民党・公明党のそれとは完全に違う方向を向いている矢印だ。
 日本維新の会の矢印は、自民党・公明党とほぼ同じ向き。
 国民民主党の矢印はその間という感じか。
 さらに「色」として、政権与党である自民党・公明党の現在の政治を基準とすると、日本維新の会は「改革」、立憲民主党・共産党は「弱者救済」、国民民主はその「間」という感じだろう。
 そして「勢い」としては、日本維新の会は、自民党・公明党と同じ方向を向きながら、さらにスピードをあげるイメージ。
 立憲民主党・共産党は自民党・公明党の勢いにブレーキをかけて、違う方向に展開するイメージ。
 国民民主党はその「間」。
 これくらいのベクトルの色分けの整理をつけることができれば、あとはそれぞれの議論を聞いてどれにするかを選択すればいいだけだ。
 政策を細かく吟味しても、なかなか選択できない。しかしベクトルの色分けで各政治家、各政党を選択すれば、そのベクトルの範囲内で打ち出される政策については概ね賛成するというのが有権者のあるべき政治態度だ。
 もちろん自分が選んだ政治家や政党が、自分の考えと違うことをやることもあるだろう。それは政治家や政党を選ぶ時点において、自分の考えを100%実現してくれる政治家や政党などそもそも存在しないから当たり前だ。
 ゆえに、自分が選んだ政治家や政党が打ち出す政策が、自分が選択した「ベクトル」の範囲に概ね入っていれば良しとしなければならない。
 他方、あまりにも自分の選択したベクトルとは違うことばかりするようになれば、それは次の選挙で支持する政治家や政党を変えればいいだけだ。
 これが、普通の有権者が政治を選択する極意である。この点は、少し前に三浦瑠璃さんと共著した「政治を選ぶ力」(文春新書)に詳述している。


(全文はページ上部バナーよりメールマガジンにお申込みいただき、アーカイブにてお読みください。アーカイブは過去4号分ご覧いただけます)



<本論内容一覧>

■橋下徹の「問題解決の授業」特別編集版

 
▼自民党総裁選候補者の目が真剣になった言論の「ビーンボール」

■橋下徹に聞きたい!「問題解決の授業」実践編
 
 ▼「総裁選びはベクトルを見るだけでいい」とはどういうことか

■橋下徹「識者の説教『政策の中身をしっかりと検討』はなぜ間違っているか」
 ▼有権者は政策の細かなところなど見ていられない
 ▼欧米から「正解」を持ち込めばよかった明治維新の頃と今とではまったく違う
 ▼学者の主張なんて野球で勝つために「250キロの球を投げろ」というのと同じ
 ▼わずか5~6の選択肢から選ぶために膨大な量の政策を検討するのは不合理だ
 ▼自民党総裁選4候補のベクトル、総選挙を戦う与党と野党各党のベクトル


<その他コーナー(秘書・編集部執筆のコーナーです)>
活動日記
 橋下徹のスケジュールを公開しています!
(内容はメルマガにて)

最近のTV衣装より
(内容はメルマガにて)

今週のピックアップ
「自民党総裁選、当日橋下は」
(内容はメルマガにて)

■編集後記
(内容はメルマガにて)

※今号のメールマガジン全文は約9700あります!


2021年6月29日、「実行力」「交渉力」に続く、橋下徹の「力」シリーズ第三弾、
「決断力 誰もが納得する結論の導き方 (PHP新書) 」が発売されます!

Amazonでも予約受付中。是非、ご一読ください!

決断力.jpg

back next